コラム

『人にやさしい厨房作業環境を目指して~最適厨房の実現』を目指していきたい。丸山 文洋さん

2016年12月21日

丸山 文洋

一般的な日本の業務用厨房の作業環境は、未だ決して良い環境とは言えません。また厨房機器熱源には調理の基本であるガスの他、電気、炭、薪、蒸気など多様な熱源が存在します。私は厨房を涼しくする「涼厨」や、最適熱源厨房であるベストミックス厨房を広く普及する活動をしており、その中でフードビジネスコンサルタントとしてクライアントへ価値ある情報を発信しています。

今回私は3カ月のFBCJ1級資格研修を通して、レストランプロデュースに必要な多くのプロセスに関わる個々の知識の底上と、実務経験豊富な講師の方々から発信されるフードトレンドの知見を得ることができました。

例えば飲食店開業を計画するには、事業計画・店舗設計・業態開発・立地調査・メニュープランニング・販促計画などのプロセスがありますが、全てを同じ直線上で計画することで事業継続性が飛躍的に高まります。この考えはレスプロにおける私の基軸であり、実業務を通して多くのクライアントへ発信しております。
今後もフードビジネスコンサルタントとしてまたFBCJ1級資格第1期生として、フードサービス業界の発展に寄与する活動を進めていきます。

丸山 文洋

single